チアキスのボディエステ

チアキスのボディエステ


ボディエステ(キャビテーション)

 
痛くない痩身エステ(キャビテーション)
脂肪細胞そのものを減少させ、部分やせを可能に!たっぷり溜め込んだ脂肪を無かったことに!
こんな方にオススメ!
価格表はこちら痩せたいけれど、食事制限等の無理なダイエットが苦手な方
脂肪吸引に興味があるけれど、正直痛いのが苦手な方
ダイエットに成功しても、セルライトが撃退できなかった方
リバウンドしやすい体質の方ぽっこりお腹やセルライトの目立つ太もも、二の腕等、痩せにくい部分の部分痩せをしたい方
今までどんなダイエットをしても痩せられなかった方短期間で効果を実感したい方
代謝が悪く、皮膚が冷たくなりがちな方運動が苦手な方
メスを使って痩せるのは怖い、出来たら安全にサイズダウンしたいと考えている方
気になる下着からのはみ出したお肉、ふくらはぎのむくみを改善したい方

キャビテーションとは

 
水中に特殊な超音波を照射することにより、極めて小さな気泡や空洞ができたり、消えたりする現象です。
そしてこの気泡が弾けるとき、瞬間的にその部分に熱が発生すると言われています。
その際のエネルギーが、脂肪やセルライトヘ効果的に働きかけます。
キャビテーションは、多数の気泡を体内に発生させ、その気泡の消滅によって脂肪の乳化を促します。
キャビテーション施術は、エステが活発な国ではすでに取り入れられている痩身方法で、
「メスで切らない、痛くない脂肪吸引」と言われています。
キャビテーションの最大のメリットは、痛みがなく、短時間のうちに部分的なボディメイキングが叶うところ。
まず、超音波を発生させた特殊なマシンによってカチカチに固まった脂肪細胞を乳化させ、柔らかくします。
(※下記「乳化実験」参照)
すると、乳化し柔らかくなった脂肪細胞は、代謝によってリンパへと溶け出していき、
溶け出された脂肪は体外に排出され、施術部分のサイズダウン効果が得られます。
カチカチに固まり、ダイエットに成功したにも関わらずなかなか落ちないセルライトも、
キャビテーション施術で刺激をすれば、老廃物等と分解し、取り除くことが出来るというわけです。
これまでのダイエット常識としては部分やせは困難とされてきましたが、
キャビテーションを利用すれば、ピンポイントの施術が可能なため、部分痩せが実現できる、というメリットもあります。
また、一度撃退した脂肪細胞は、キャビテーションによって細胞自体が小さくなるため、脂肪に戻ることがほとんどなく、
リバウンドしにくいところもキャビテーションが人気の理由の一つ。
無理な食事制限や辛い運動等する必要がないので、ストレスを溜めずに痩身・ダイエットに専念出来る、
画期的な施術方法といえるでしょう。

乳化実験(水と油)

水と油の乳化

 
キャビテーションは、乳化をしないと意味がありません。簡単な確認方法として、水と油での乳化実験がその一つです。
通常水と油は、粒子の大きさが異なるので、決して混ざり合う事はありません。容器に水をはり、油を少量入れたら、水面に「Cavi-Lipo DEX」のヘッドをあてます。キャビテーションシステムによって、即座に油と水が混じり合っていきます。これを乳化といいます。2分ほどで容器の中の水は真っ白に濁ります。

脂肪を柔らかくし、エマルジョン(乳化)の状態に

 
脂肪やセルライトを柔らかくし、乳化させ、流すことでぽっこりお腹やたるんだ二の腕・ヒップ、背中など、BODYラインの改善に近づきます。

キャビテーションの効果

 
上の実験を見てわかるように、キャビテーションは、超音波振動によって固くなったしつこい脂肪細胞を分解し、溶かすことが出来ます。
セルライトは代謝の低下・老廃物の蓄積など、体内の循環に悪影響を及ぼします。キャビテーションは強力なパワーで脂肪乳化を行い、脂肪減少とセルライト除去による老廃物のスムーズな排泄に効果を発揮することで、ボディラインを整えていきます。
短時間で驚きの効果
脂肪自体が減る
減った脂肪はなかなか再生しにくいのでリバウンドなし
むくみや便秘、肩こりにも効果的
ダイエット以外の効果も期待できる!
キャビテーションによる効果は、ダイエットだけではありません。
キャビテーションの超音波振動で分解された脂肪細胞がリンパに排出される際に、乳化した脂肪だけでなく、
身体に溜まった老廃物も共に排出してくれます。
老廃物も一緒に流れていくため、むくみ解消にも効果も絶大。
キャビテーションの超音波振動によって血行を促進させ、身体の代謝をあげてくれるため、
美容の大敵・むくみや冷えを解消する効果も持っています。

ボディエステ施術内容

 
脂肪溶解クリーム塗布後、発汗マット10分 → 脂肪分解マシーン40分 → 老廃物排出マシーン20分 → ハンドマッサージ40分

  • 最終更新:2017-03-27 15:21:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード